【子供】長女、2年半ぶりに小児科に行くの巻。

こんにちは(^^)

とってもおっとり
我が家の癒し系の長女5歳10か月。

この2年半ほど体調を崩すことなく
幼稚園もずっと皆勤賞でした。

.

.

そんな長女がとてつもなく久しぶりに発熱。

いつも末っ子ばかりが熱を出していたので
末っ子の発熱には慣れていたものの
健康優良児の長女の久しぶりの発熱に
とってもとっても心配になってしまう母。

.

.

.

.

水曜日の夕方、
喉が痛くてご飯が食べられないと訴える長女。
給食も喉が痛くなっちゃって残したんだ~
と話していました。

そしてその数分後に
「なんだか寒い…」
と訴える長女。

この時まではまだ元気でずっと遊んでいました。

.

.

お風呂に入ろうかと準備していたら
ソファーで横になり震えている長女。

あれ?と思い体を触るとめちゃくちゃ熱いではないか!!

.

.

熱を測ってみると38.2℃…

.

.

寒い寒いというので毛布を掛けて寝かせ
お兄ちゃんたちにみててもらい
末っ子をダッシュでお風呂に入れ
お風呂上がりにまた熱を測るもまだまだ38℃。

.

.

喉も痛いと言っていたし
溶連菌かなぁ
と思いつつ
翌朝、幼稚園にお休みの連絡を入れ
園で流行っている病気を確認。

今のところ、
溶連菌とアデノウイルス、胃腸炎が何人かいる程度で
流行っているというほどでもないです
との事だったので
熱はもう下がっていたものの
念のために検査をしに小児科へ行ってきました。

.

.

.
 
長男次男が小さいころからずっとお世話になっている先生で
もうすっかり顔なじみ。
先生も子供たちの名前や学校、
過去の事もしっかり憶えてくれていて

「お母さんにはチョコチョコ会うけど
長女ちゃんは本当にすごく久しぶりだね~!
ずっと元気だったんだ、すごいね!
たくさんご飯食べて寝てるのかな?偉いね!」
とたくさん長女を褒めてくれました。

.

.

診察してもらうと
やはり喉がかなり赤くなっているようで
溶連菌とアデノの検査をすることに。

結果、やはり溶連菌でした。

.

.

出席停止だね~
と言われ
溶連菌は何日間出席停止か尋ねると
薬を飲み始めて24時間経てば大丈夫だよ~
と。

先生がすかさず
もしかして明日何か用事あった?
と気にしてくれ、
お兄ちゃんたちの参観日で~
と話したところ、
小学校は午後かな?
午後なら今薬飲んじゃえば明日の昼からはもう外に出ていいから
参観行けるよ!
帰ってすぐにお薬飲ませてあげてね!
とアドバイスしてくださいました。

.

.

なんて親身な先生なんだろう…(´;ω;`)ウッ…

.

.

我が家がワンオペ育児な事や
両家の実家が道外であることもずっと気にしてくれていて
過去にも次男が1歳のころRSになったときは
入院は環境的に厳しいもんね、
と、入院せずに済むように色々と手を尽くしてくれた先生。

.

.

こんな温かい先生ばかりだといいんだけどなぁ♡
もうひとつの近所の小児科は
先生が無愛想でそっけないので
よっぽどの時にそこしかあいてない場合以外は
やっぱり行かなくなってしまいました。

.

.

医者としての腕だけじゃなく
やっぱり人柄も大事!

.

.

幼少期を
あったかい人やおせっかい焼きが多い関西で過ごしていた分
冷たいツンツンした人はどうも苦手なので…
夫も冷酷で他人に興味を示さないツンツン派ですが…

.

.

.

ということで
溶連菌と判明したので幼稚園に連絡。
出席停止なので欠席扱いにならず
年中さんからの皆勤賞は
継続中になりました((((oノ´3`)ノ

.

.

よかったよかった(^^)

.

.

もうすっかり元気ですが
ゆっくり休ませたいので
小学校の参観も諦めて
洗濯機修理のおじさんを待ちたいと思います。
(洗濯槽の中に異物混入の疑いで異音がすごくなってしまいました…)

.

.

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です