【子供】次男の発達障害について

こんにちは(^^)

先月に引き続き10月も台風による大きな被害が出ましたね…
もうこれ以上自然災害は勘弁です…

札幌もここのところ少し大きい地震が続いています。

北海道胆振東部地震からもう少しで1か月
いまだに続く大きな余震

まだまだ油断はできませんね…

.

.

.

.

——————————————–

.

.

ずっと書いたつもりでいた次男の発達障害について。
が、
最近自分のブログを読み返していたら
次男の発達障害について詳しく書いた記事がなく…

あれ?
LD検査の事とか書いたのに…

と思っていたら
以前のブログで書いていたようで
こちらのブログではまだ詳しく書いていませんでした(;・∀・)

.

.

前のブログももう見られなくなってしまっているので
改めて、次男の発達障害についてや
経過について書こうかなと思います。

.

.

.

次男は赤ちゃんの頃からとにかく手がかかる子でした。
とにかく睡眠時間が短く
夜中に何度も何度も起こされ
寝る前にミルクを飲めば長男は割と寝てくれていたので
次男も寝る前にミルクを飲ませていましたが
2時間寝ればいい方で
本当に細切れ睡眠の神経質な子でした。

.

.

当時長男はまだ1歳。
長男次男どちらにもまだ手がかかる中
両家の実家ともに遠方で頼ることも出来ず
夫も育児休暇など取ることもなく
出張もあったので完全なワンオペ育児。

どちらかを泣きっぱなしにさせてしまうこともしばしばあったため
児童相談所にも通報されました。

子供が泣いているとき
裏のアパートの住人に
「うるさい!」
と怒鳴られることもありました。

.

.

ほぼ母乳だったのもあり
夫にも全く懐かず
人見知りも激しかったので
他人にも懐かず

.

.

気が狂いそうな毎日でした。

.

.

1歳を過ぎてからはヤンチャに磨きがかかり
とにかく動きっぱなしで
スーパーではほんの一瞬でも手を放したらアウト。
すぐに迷子になるほど
多動気味でした。

おまけにかんしゃく持ち。
友人にもひかれるほど
大声で泣き叫び暴れる子供でした。

.

.

1歳半検診で
次男の様子について話したのですが
とりあえずしばらく様子をみましょう
と、そのまま検診は終わり…

.

.

あぁ…
だれか助けてくれないかな…
もうこのまま次男とこの世から消えてしまおうか…
と、今思えば鬱だったのかと思うほど
大変すぎる毎日を過ごしました。

.

.

1歳半検診から半年後、
保健センターから電話が来ました。

次男君のことで悩んでましたが
その後どうですか?
と。

.

.

ツラくて苦しい毎日だったこともあり
泣きながら保健師さんに
次男の行動などについて話をしました。

保健師さんは優しく
時には自身の経験談も交えながら共感もしてくれ
そして、

「話を聞く限りヤンチャの範囲を超えているように思えます。
 発達相談の先生が月に何度か来ていて面談の予約が取れるので
 良かったら面談しませんか?」

とお誘いを受け
3歳検診までの間に2回ほど面談をし
3歳検診で病院を紹介していただく運びとなりました。

.

.

とても有名な病院なため
診察の予約は半年から1年待ち。
それでもいいからと予約をし、
半年後に発達検査を受け
3歳8か月で「ADHD・軽度(知的障害を伴わない)自閉症」
と診断されました。

IQは80くらいだったかと記憶しています。
.

.

それからは病院で療育が始まり
多動傾向が強いため
5歳まではOT(作業療法)を、
言葉が遅かったため
6歳以降はST(言語療法)が始まりました。

幼稚園、年少さんの頃までは
とにかく動きたくて仕方がなく
教室から脱走したり
多動でケガばかりして
先生からよく電話を頂いたり…💦

年中さんになったら多動が落ち着き
自閉傾向がかなり強くなりました。

.

.

言葉が遅く
どもり…まではいかないものの
なかなか言葉が出てこなかったり
自分から誘うことが苦手で友達と遊べなかったりと
年中の頃は幼稚園に行きたがらないことも多かったです。

卒園するまで
同じクラスの友達の名前も覚えることはなく…

ひらがなの読み書きすらできない状態で
一年生を迎えました。

.

.

病院での療育は 
対人コミュニケーション面の弱さ、言葉による自己表現の苦手さがみられており
就学後はグループでのフォローが望ましい
との診断結果が出たため
これまでの先生と次男の1対1のセラピーではなく
5~6人程度のグループセラピーになり
【ルール】や【コミュニケーション】が主となる療育へと変化しました。

対人緊張の強い次男にとって
グループセラピーはとても負担になる療育になるだろうと心配もありましたが
少しでも対人緊張を減らしたい、
色んな人とかかわってほしい
と思い、グループセラピーへ通うことに。

.

.

学校では入学直後
【表現する力の苦手さ】が出てしまい
友達とのトラブルで
「やめて」と訴えたり周りの友達や大人に助けを求めることが出来ず…
学校に行きたくないと泣きながら訴え…
不登校になりかけたことも。

.

.

このままでは本人にとって良くない、
と、下の子達を連れての通院で負担は大きかったものの
頑張って通うことに。

.

.

もちろん初めは対人緊張もあり
他児とのかかわりは少なかったものの
身体を動かす遊びでは他児とも場を共有して遊ぶことが出来るようになりました。

しかし、着席や指示を待つ間に止まることはできますが、
常にソワソワしており椅子をがたがた揺らしたり
外に出た途端に走り出したり塀に上ったりと
衝動性の高さも窺われ、
説明が苦手で言語表現が少なく、わからないことがあると黙り込んでしまうなど
ことばによる自己表現の苦手さがみられています。

.

.

学校では音読がすごく苦手で
とにかく詰まりながら…
ゆっくりじゃないと読めなかったり
途中でわからなくなってしまったり。

見ながら書く
ということはできるものの
記憶する
ということが苦手なため
漢字テストはほとんど0点でした。

そのためLD(学習障害)検査を行うことに。

.

.

結果としてはIQ77と 

低い(境界域)~平均の下

の範囲に入り…

.

.

特にワーキングメモリという項目ではグッと下がり
IQ65と 
非常に低い~低い(境界域)

と境界域よりも低い結果に。

【ワーキングメモリ】とは
指示されたことを記憶したり、それを覚えて操作する力、
複数の事を同時にする力

例えば検査では
机上に用具を置き、口頭だけで
「積み木をハサミの右に置いて、ペンを机の真ん中に置いて」

「ドアを開けて、手を3回たたいて、椅子の上に立って」
などヒント無しの言葉だけの指示や
異なる行動の指示を記憶したりするなどのテストで
次男はほとんどが不通過となりました。

.

.

以下検査結果

次男さんにとって得意な事と苦手な事があり
得意なことは記号や絵といった視覚的な情報を瞬時に捉えて共通点を探すことであると思われます。
その一方で、聴覚による情報を短い時間保持し操作すること、
言葉を用いて物事を説明することに強い苦手さを持っていると思われます。

現在の次男さんの持つ言葉の情報の多くは具体的なモノや外観からの情報、
生活体験から獲得した情報が主であり、実際には目に見てえない部分や
物事の概念としての情報は理解が難しいのかもしれません。

またイメージを膨らませて考えたり様々な視点から物事を考えることも苦手であると思われます。

そのため社会的な状況では状況の理解が不十分となることが推察されます。

そこから不安が高くなって自信のなさにつながり
言葉による自己表現を避けて回避することもあるかもしれません。

.

.

主治医からは
今はまだ低学年だからついて行けても
今後学年が上がるにつれて授業スピードや内容も大きく変わり
ついていけないことも考えられるので
高学年になるころには支援級も考えることになるかもしれません
と。

.

.

この時の学習障害の検査結果に
一気に絶望的になった私。

この先この子は社会に出て自立することが出来るのだろうか。
働き口は?
進学は?
そもそも支援級って、え?転校?
もし今私が死んだら誰がこの子が自立するまでそばについてサポートできる?

そんな色んな思いが頭の中でグルグルグルグル。

.

.

しかし担任にすぐ結果を報告したところ
今まで何人も生徒をみてきて
LDの子はみててわかる、
次男君はおそらくそこまでではない、
だからまだ様子を見てもいいのではないか、
と。

.

.

.

毎日みてくれている先生のその言葉のおかげで
きっとそこまでではないのかな
と、少し安心し
とりあえずしばらく様子を見ることに。

.

.

グループセラピーを2年続け
年に1度発達検査を受け
3年生になった今年の検査で
グループセラピーを卒業することに。

.

.

まだまだ言葉の面で不安なところもありますが
コミュニケーション面はだいぶ改善し
漢字テストも少しずつですが点数が取れるように。

.

.

学力全体としては心配な点もまだまだ多いですが
支援級というほどの心配も必要なさそうです。

.

.

.

今現在は放課後デイサービスで
対人コミュニケーション面やルールを覚えたり
得意な身体を動かすことなど
次男にとって得意なことを中心としながら
苦手な面のフォローもしています。

.

.

今通っているデイサービスは学習支援がないため
学習支援のあるデイサービスも考えましたが
本人が勉強という苦手分野を断固拒否しているため
イヤイヤ行かせるよりは…と
現在見合わせ中。

必要になったときに次男と話し合いをし
考えようと思います。

.

.

.

.

デイサービスに通うようになったこともあり
問題だったコミュニケーション面について
友達を誘うことも出来るようになった次男。

学校でも放課後に友達と約束してくるようにもなり
すごく成長しました。

.

.

.

この先どうなるかはわかりませんが
将来自立できるように
どうにかこうにか支えていきたいと思います。

.

.

にほんブログ村テーマ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

にほんブログ村テーマ 子育てのつ・ぶ・や・きへ
子育てのつ・ぶ・や・き

にほんブログ村テーマ それぞれの*発達障害と共に*へ
それぞれの*発達障害と共に*

にほんブログ村テーマ 発達障害児を育てていますへ
発達障害児を育てています

にほんブログ村テーマ 障害がある子供の子育てへ
障害がある子供の子育て

にほんブログ村テーマ 小学生へ
小学生

.

.

.

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です