【子供】学校の個人懇談、長男編。ノート作りにオススメな本【東大合格生が小学生だったときのノート】

こんにちは(^^)

個人懇談、次男編に引き続き
長男編です。

次男編はこちら
【子供】学校での個人懇談で、次男の学校での顔が明らかに…Σ(゚Д゚)

.

.

長男の担任はものすごくマメで
細かいところまですごく良く見てくれている先生。

次男が一年生の時の担任でもあります。

.

.

.

長男に関しては
相変わらずすぐカッとなって喧嘩してしまったり
泣きながら怒ったり
などの感情のコントロールといった面が一番の困りごと。

.

.

.

4年生までは本当にトラブルだらけで
参りました。

.

.

.

個人懇談では先生は開口一番に
「勉強面は問題なしですね」
と。

決して勉強が好きでしょうがないわけではないですが
勉強はできるんです、そこそこ程度なら。

.

.

算数に至ってはほぼ完璧で
教える側にまわるそうです。

夫も算数・数学は学年トップ。
夫の父も数字に強くて銀行マン。
夫の祖父にもなると
大学教授で数学を教えていたというから
もう、納得。

私に似なくて本当に良かった。
(数学で0点を取ったことがあるほど数字が苦手)

.

.

.

対人面はどうか尋ねると
一学期はやはりまだ
カッとなって一人で怒り
泣いている
とか
遊びの中での衝突が見られる面もあったけども
今はクラス全体で減ったとの事。

基本的にクラス全体が仲が良くて
誰とでも遊べるし
休み時間は率先して友達を誘っているみたいです。

.

.

今後の課題は
気付き・先を見据えた行動
だそう。

今している係活動で
クラスの改善点を見つけ改善策を考え
実行に移す
という任務を担っている長男。

いつももう一人の女の子が先に気付いて
その問題点や改善点の改善策を考えるのが長男
となっているので
気付けるようになることが目標ですね
とご指摘いただきました。

.

.

自主学習でもただひたすらに問題を解く
ということはできても
書いたノートに一言書き加えたりすることは思いつかないようで
ひとつの問題にかける時間が短い分
たくさんの問題をこなす
という男子特有のやり方になりがちなので
ひとつの問題に時間をかけ
解説を書いたり
自分の考えを書いて見たり
といったノート作りが出来るようになるとバッチリ
だそうです。

.

.

.

そういうのが得意なのって
女子特有らしいのですが
東大合格生が小学生だったの時のノート
という本では
男女問わずそういったノート作りが出来ているので
なんだか納得。

.

.

.

これをみながら自主学習のノート作りをしたりしています(^^)
とてもおススメですよ(^^)

.

.

.

5年生も残り3か月ちょっと。
先生からの課題をクリアできるよう
親としてもあたたかく見守っていきたいと思います。

.

.

.

にほんブログ村テーマ 小学生ママの日記へ
小学生ママの日記

にほんブログ村テーマ 小学生へ
小学生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です